上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずはウィントスのケガを心配してくださいっていた日本全国に散らばるマスコットスキーな皆様に厚く御礼を申し上げます。
ウィントス、今日シャッターから出てきたらケガを完治させておりました(びっくりし過ぎて大爆笑しましたがwww)

ピカピカうぃんうぃん
うぃんうぃんのバンダナは本来この色なんだな…としみじみ思うほどサガンピンクでした。
パッと見の大きな変化は見られませんが、バンダナの尻尾が若干大きくなり、嘴の素材もふっくら素材になっておりました。
お腹周りは以前と同じで丸っこいですが、頭だけ見るとちょっと先祖返りした印象を受けます。
どっちにしても遠目では今までと同じシルエットのうぃんうぃんです。

今日も元気にもふもふしてましたよ~。

元気なうぃんうぃんに会えて本当に嬉しく思います。
皆様の声が届いたのだと思います。
この度はうぃんうぃんを助けてくださり、本当にありがとうございます。

これからも今まで以上にウィントスに愛情を注ぎ、今まで以上に皆様に愛されるウィントスとサガン鳥栖になるように微力ながら頑張りたいと思います。
また、今回ほどの大ケガにならないように色んな場面で今まで以上に気を遣おうと心に決めました。

もし機会があれば元気になったうぃんうぃんに会いにベアスタにいらしてくださいwww

これを以てカテゴリー「うぃんうぃんを助けたい(期間限定)」を「うぃんうぃん事件2011」と変更させてもらい、終結とさせていただきます。


本当にありがとうございました!!!!!

スポンサーサイト
先ほど書いた「鳥栖サポーターの皆様へ」の記事を書き直した事でこのblogの信頼度が落ちたと思います。
エントリーから1時間も経たないうちに色んな方々がウィントスのために動いてくださり、本当に泣きながら嬉しく思ってました。
そんな方々を記事変更と言う形で裏切ってしまい、またご迷惑をかけてしまい本当にすみませんでした。

信頼失墜の代償ですが吉報が入りましたので皆様にお知らせいたします。

ウィントス君に関してです。

解決策が決定し、具体的に動き始めたそうです。

色々書きたいのですが…、うまく書くことが出来ません(察してくださると幸いです)。
しかし、書き換えてしまったエントリー記事内容に対し、自分は何ら心に嘘偽りをついたものではありません。
本心から思い、そして考えた末に出した結論を書きました。

具体的な解決案が決まった今、うぃんうぃん基金活動をどうしようかとは考えました(風呂に入って頭を冷やすのと同時に考えました)が多分何らかの形で続けると思います。
それが募金と言う形なのか、社員さんへの言葉かけなのかは今のところ未定です。
ですが、今回の事を契機に色々考えさせられましたし、分かったことがあります。
その最大のものが「ウィントスは自サポ・他サポ問わずに大勢の人から愛されている」と言うものです。
本当に嬉しく思ったのと同時に、もの凄く安心しました。
これからもウィントスをはじめとするマスコット達をよろしくお願いします。

曖昧な文章で申し訳ないですが、こんな感じです。

大変申し訳ありません。
先ほどのblogエントリーを急遽変更させていただきます。

理由は後で書きます。

(22:22 追加)
これ以上、記事の上書きをしたくなかったので新しく記事を書きました。
そちらをご覧下さい。

【“記事内容変更(20:50)”の続きを読む】
この度、ウィントス君のケガおよびゲリラ募金などに関する記事をまとめて新しいカテゴリーを設定しました。

詳細はそちらの方でまとめて読めますのでご利用下さい。

また、基本的に今回のうぃんうぃんケガ治療費とそれに関わる諸々の問題に関しては、個人的希望も含め長期化してもらいたくないと言うことで(期間限定)と銘打たせてもらいました。

願わくば、半年以内に問題が解決方向に動きますように(-人-)

今日の昼にサガンドリームスの事務所に行ってきました。
そして、うぃんうぃんへの治療費を微々たる額ではありますが渡してきました。
受理はされませんでしたが、預かって貰えましたよ。
そして、少し話をしてきました。
驚いた事に中の人がこのblogを読んでいたと。
リークがあったのか知りませんが、まぁ、読んで貰えて良かったと思います。
他の記事と違ってSilent Deathの拍手数が弊blogではありえない位の異常なまでの数になっていることと、その記事に対してのコメントを読んで貰えればマスコットが如何に関心を持たれているか、大事に思われているかを訴えるまでもなく理解して貰えると思います。

さて、ウィントス君に対しての話。
結果としては「前向きに検討。具体的な計画はないが大まかにはある」とのこと。
どうやら見殺しは避けられるようです。
でも、まだ何も決まっていないし、何も動き出していないのです。

さらに聞いた話によると、サガンドリームスの中で募金話が出たときに「最初からサポーターさん達に頼らずにまずは内部で予算を付けてどうにかしよう」となったらしく、現状では募金は考えていないとの事。
どうやらフロントは自分たちだけでどうにかしようとしているみたいです。
これは良い事だとは思うのですが、何か違うと思います。
フロントがまずウィントス君のケガに対してどうにかしようとするのは当たり前だと思いますが、それとウィントス治療募金までは行かずとも…サポに対して何も求めないと言うのは明らかに線引きしていると感じました。
「一緒にウィントスを支えてくれ」の精神皆無ですね(苦笑)
きっとサポへの対応も大変だとは思うんです、人数少ないですし。
善意の押しつけではありませんが、ウィントス治療募金をすれば募金をしてくれた人たちは「自分の募金でウィントスが綺麗になった」と今まで以上に愛情を注いでくれたり、意識をしてくれるかもしれない。
決してマイナスなだけでは無いと思うんですけどね。
募金でいくら集まるか分からないから最初からしない、ではなく予算を先に立てて治療してから結果として集まった募金を治療費分から差し引いて経理上募金をすべて治療費に費やす事にすれば良いんじゃないか、と経営が全く分からない名探偵は思ってしまったりするのですが、無理なんですかね?

あぁ、あと例えウィントスの治療が決定して予算が付いたとしても今のところはオフィシャルHP等での告知などは一切する予定は無いとのこと。
どうやって一般サポは知れば良いんだ…orz
わざわざドリムスの事務所に行って聞けと?
もしかして募金したらわざわざリリースしないと行けないから面倒くさくて募金断ってるわけじゃないよね?

ドリムスは「前向きに検討」と言ってくれましたが、基本的に何も決まっていない事柄に対して素直に「そうか、だったらうぃんうぃんもう大丈夫だね」なんて楽観的な考えは持てません。
捻くれてますからね、えぇ。

ですので、皆様にもう1度お願いします。
ドリムスの事務所やショップに寄られる事があれば10円でも20円でも良いので何か袋に入れて(でないと何のお金か分からずに拾得物扱いされる可能性アリ)社員さんに「ウィントス君の治療のお金です、ケガを治してやって下さい」と言って渡して下さい。
フロントにサポもウィントス君を支える気持ちは同じようにあるんだと知ってもらいたいんです。
そして、ある程度お金が集まれば「前向きに検討」から「具体的予算が決定」、さらに「治療日程決定」で「治療完了、うぃんうぃん元気」が実現できると思います。

遠方で心配して下さっている数多くのマスコット好きの皆様、まずは鳥栖サポが現地で頑張ります。
もし全国区で何か募金などの支援のご協力をお願いする事があれば是非その時に力を貸して下さい。
マスコット好きな皆様が大勢いると言う事だけで、ウィントス共々鳥栖のマスコット好き達も勇気づけられております。
本当にありがとうございます。

文章だけのエントリーになってしまいましたが、一応現状報告です。
行ってきました、フレスポ鳥栖。
色んな障害があったのですが、まぁ、どうにかこうにか無事にうぃんうぃんと戯れてくる事は出来たのですが…
ちょっと感情の赴くままに文章を書くとかなりあれな感じになりそうなのでかなり抑えて書きます。

※本日のレポは夜にでも書きます

1.うぃんうぃんの短期入院・エステの予定は無し(川村さんに聞きました)
2.バンダナが破れ、頭部の地肌が見える(下の写真・参照:撮影1月10日)
3.両足付け根が歩く度に骨が見えるまで重傷
4.眼球負傷(角膜剥離)
5.嘴補正無し

気がつかなかった…orz
短期入院・エステが無くなった事に対しての理由として言葉を濁しながら「お金もそうなんですけど…」と曖昧な返事が。
お金以外に何が問題なんだろうと最初は分からなかったのですが…。
帰りの電車の中で漸くその言葉の意味が少し分かりましたよ、要は「マスコットなんかに時間と金をかけている暇(余裕)は無い」と。

サガンドリームスにとってウィントスと言うマスコットはきっと単なるモノでただの着ぐるみなんだろうね。
クラブそのものやエンブレムとかと同列には考えてくれないんだな…と実感しました。

ただねぇ~、普通なら「もうドリムスなんて知らんヽ(*`Д´)ノヴォケガァ!!!!!」となる所でしょうが(圧倒的にそっちの方が楽でしょうけど)、残念ながら名探偵にとって1番大切なことは「ウィントス君が幸せになること」なので泣き寝入りや見て見ぬふりはしませんよ。
1月15日に100均で買った貯金箱に小銭詰めてドリムスに持って行きます。
このお金はウィントス君の治療代です、怪我を治してやって下さい」とはっきりと言って渡します。

ウィントス君が満身創痍なのはすでに夏過ぎから分かっていた事だったので、10月過ぎからずっと言ってました「ウィントス治療募金を」と。
アイデアも出しました。
しかし、口だけで何か言ってもドリムスは動いてくれる気配すらありませんでした。
11月頃に「オフシーズン中に短期入院予定」と聞いていたので「だったら無駄な質問して時間を使う必要はないな」と安心してサポミには参加しませんでした。

ウィントスだけはいつまで経ってもサポと一緒にクラブを応援し続けてくれる存在なのに…

残念ながら募金活動は出来ないと思います(お金が絡むのでドリムス主催でないと無理)ので、皆様にお願いがあります。
1月15日やそれ以外でサガン鳥栖オフィシャルショップやドリムスの事務所に寄られる方がいるならば、是非10円でも20円でも良いので何か小さい袋やビニル袋に入れて「ウィントス君の治療代です、怪我を治してやって下さい」とドリムスの社員に渡して下さい。
きっとドリムス社員には大迷惑な行動でしょうね、でもサポが実行しないとドリムスが気付いてくれないのならやってみる価値はあるかも知れないと思います。

名探偵のなけなしの脳みそではこの位しか考えられませんが、何か効果的で実行可能なアイデアがあったらコメントで教えて下さい。
ウィントス君を見殺しにはしたく無いんです、よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。