諸事情により、しばらくblogの更新を停止します。

精神的に復活したら…
いや、きっと精神的に復活するためにblogを書くとは思います。

今日、我らがサガンが2位セレッソ相手に後半ロスタイムに高地さんの2得点で逆転勝ちしたそうですね。
嬉しいです。
本当に…、嬉しいです。
最後にみんな笑顔で勝って、今年のサガントスを送り出せたようで…
本当に良かったです。

ありがとうございました。

※blog停止の諸事情を書いております(要反転)
 ただし、完全に自分の記録用として書いています。

blog停止の理由は「父親の死」です。


以下、完全に独り言と言う名の記録。
なので無理して読まないでくださいね。
楽しい話ではないので。
記録が残せる場所がここ以外にないのですみません…


12月5日、午前9時26分に父親が他界しました。
10月中頃からインドネシアに長期出張していたのですが、今週久留米で研修があったので一時帰国していたのです。
そして、来週の月曜日にはまたインドネシアに戻る予定でした。
インドネシアでの新しい同僚の息子さんのためにおみやげをピックアップして今日買いに行く予定でした。
昨日の夜も普通に調子が悪いといった訳ではなく、本当に通常通りに「お休み」と挨拶をしました。
朝、母が父の様子がおかしいと言ってきて、父の寝室に行くとすでに脈もなく、冷たくなっていました。
見た目は普通に寝ている感じだったのですがね…
その後は、心臓マッサージしたり、救急車を呼んだり…と色々していたのですが。
自宅を開けるわけにもいかず、かすかな希望を抱き自宅待機をしていました。
携帯からblogに記事を書き込んだのはそんな時です。
何かしていないと、悪い方悪い方に思考が陥りそうで…
結局病院の方から連絡が入ったのが10時過ぎ。
結果は最悪の事態。
享年57歳。
死因は突発性心筋梗塞。
持病も無かったんですけどね。
泣きながら、それでもすることがあったので、色々働きました。
今夜が仮通夜、明日が通夜なので約2日間まともに寝れないとは思うのですが。
はっきり言って寝れませんね。
なんだろう。
今、父親の棺の横で寝ずの番をしながらノーパソでこれを書いているのですが、分からないんです。
父親が死んだのは理解できているはずですし、実感もあります。
重かったし、冷たかったし。
でも、分からないんです。
感情が色々引きこもってるんでしょうね。
情けないんですが、こんな時どうしたら良いか分からないんです。
兄弟がいてくれて本当に良かったと思います。

お父さん、これから家で誰と晩酌すれば良いんだよ。
お母さん置いてさっさといくなよ。
何も言わずにいくなよ。


非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/1025-88d13ab8