今日のベアスタでの練習見学しようと思っていたのに…
まぁ、非公開練習で次のホームゲーム勝ってくれれば、今年の最終節にうちが3位以内にいてくれればこのさきずっと練見できなくても良いんですけどね。

先日、阿蘇まで行ってきました。
去年末からずっと阿蘇に行きたいと思っていたのですが、結局半年以上かかって漸く行くことが出来ました。
阿蘇に行きたかった目的が「美味しいソフトクリームを食べる事」だったりしたのですが(苦笑)
もちろんうぃんぐるみも「一緒に行くうぃん」とお供で来てくれましたよ。

阿蘇神社に行ってきたうぃん
まずは阿蘇一宮の阿蘇神社に参拝。
最近はパワースポットブームらしく平日にもかかわらず若いお姉さん達が結構いましたよ。
パワースポットねぇ?
ちなみに一宮も自分の研究対象だったりする名探偵です。
神社仏閣巡りは大好きだ!!!
神様の祀り方でその神社の性格性が見えたりして面白いですよ(逆に恐い場合もありますけど…)

ちょっと寄ってかんね
阿蘇神社で出会った狛犬さん。
いやぁ、良い顔だったのでつい撮ってしまいましたよwww
良い歯並びです。

神社の説明ばしちゃるよ
豪快な笑い声が聞こえてきそうな感じで中々素敵なこまっちでしたよ。
阿蘇神社、かなり好きです。
ってか、手水舎の水もがっつり湧水でかなり気持ちいいですよ。

迷子のうぃんぐるみ
今まで阿蘇神社は何回か来たことがあったのですが、実は門前町に行ったことが無かったんですよ。
数年前から一宮の門前町が湧水(水基)を使って観光地化に取り組んでいたので水基巡りをしてみました。
インフォメーションセンター行って情報収集したら『馬ロッケ』と『たのシュー』は絶対食べて行け。
あと新しく出来た場所があるよ、って事で地図をもらって脇道に引っかかりながら最初に行った場所です。
明治期か大正期に出来た洋裁学校(のちの女子校)の校舎を活用した雑貨屋兼カフェでした。
いやぁ、敷地に入った瞬間こんな風景だったのでついついうぃんぐるみを先に歩かせて「はい、そこでこっち向いて」と指示を出して写真撮っちゃいましたよ。

かなり居心地良かったです
cafe雑貨のtien tienと言う店が開いていた(他の店は定休日…orz)ので入ってみたらかなり居心地の良い店でした。
半分がフランス系の雑貨を扱い、あと半分はカフェスペースでした。

水基巡りで引っかかった
カフェメニューはマクロビオテックって言うんでしょうか、動物性のものを一切使わないものがメインでした。
そして、人生初のクスクスのココナッツミルクカレーを食べてみた。
ぱっさぱさしてて美味しかったですよ?(いや、本当に味は美味しかったですよ、カレー)

ふと撮った写真が絵になる店
店の中の壁なんですけど。
名探偵のへっぽこカメラマンが普通に撮って絵になる店内も凄いですよ。
ちなみに店内にあるテーブルや椅子以外はすべて売り物でした。
まぁ、純和風な我が家には似合わないので買うことはなかったですけどね。

フレームアウト
ディスプレイも綺麗でしたよ。
古い錠前に心惹かれていたら、同じく店内の商品を見回っていたうぃんぐるみから「どこに使ううぃん?」と冷静に突っ込まれました。
…誰に似たのやら。

はぁ~、まったりまったりうぃん
店に到着してすぐのうぃんぐるみ。
カウンター席やテーブル席の他にソファー席があり、お客さんが誰もいなかったのでソファー席に陣取りました。
店の人と話をしているとどうやらこの日は定休日で店を開けるつもりはなかったらしかったです。
でも、ふらっと開けていたら客が来た、と(苦笑)

ごくごくうまーうぃん
久留米とかに比べると日陰は比較的涼しい阿蘇ですが、それでも炎天下を歩いてきたのでうぃんぐるみも出された水にがっついておりました。
そういや店にはクーラーがなく、窓を開けっ放しにして扇風機がガタガタと音を立てながら働いていました。

かなり良い感じですよ
洋裁学校の校舎を使っているので基本は木造建築物。
かなり暖かみのある建物ですっげ良いふいんき(ryでしたよ。
築100年以上とは思えない位です。
結局居心地の良さとお客さんのいなさっぷりにこの店に2時間近く居座っておりました。
最後らへんは寝そうになったのでこれは危険だと店を出た位です(苦笑)
この店、マジオススメです。

おみくじ手ぬぐいさんうぃん
雑貨屋を出た後は普通に門前町探索をして遊んでました。
この御神水おみくじ(1本300円)を買って中に入っているおみくじを水に浸して浮き上がってくる文字を読んだり、馬ロッケ(ばろっけ)を買い食いしたり、冷製パスタに惹かれた店でパスタ無視しして結局珈琲飲んでまったりしていたら店の人からショウガ金平糖とお茶をもらったりとか、自家製地きゅうりをタダでもらったりとか色々満喫しました。

かなり気になった商品
馬ロッケの店で見つけた気になる商品。
『田舎のキャベツでつくったドレッシング』
これをキャベツの千切りの上にかけたらキャベツonキャベツ?とかアホみたいなことを考えてしまいました。
ちなみに馬ロッケ(1個150円)は注文を受けてからその場で揚げてくれるので時間は5分位かかりますが、かなり熱々を食べることができますよ(口の中をやけどしたのは言うまでもありません/苦笑)
馬肉も入っていたし、揚げたてのコロッケ美味しかったですよ。

ボクは初めて行ったうぃん!!!
一宮を満喫した後に阿蘇火口まで行ってきました。
実は小学校低学年の時に行ったのが最後だったのでかれこれ20年振りの阿蘇火口でしたよ。
記憶と同じ場所と全く違う場所があって中々新鮮で面白かったですよwww

記念撮影もばっちりだうぃん
人間の記念撮影は全くせずにもっぱらうぃんぐるみ撮影に勤しみました。
うぃんぐるみはもちろん初めての阿蘇山火口見学だったのでくちばしをぱか~んと開けて「凄いうぃん。日本じゃないみたいうぃん!!!」とやや興奮気味。
いや、うん、分かるけどね。
20年振りに砂千里を見た感想が「特撮現場で使えそうだ。んが、有毒ガスで敵味方outだね」だったのは内緒です。

まぁ見事な事
草千里ヶ浜付近から見た立野の火口瀬です。
気がついたら地理屋になっていたので、結構阿蘇のカルデラとかの説明をするのですが、この火口瀬が阿蘇カルデラの西側に出来たお陰で今の熊本平野が出来たとの説明をすると「またまたご冗談を」という反応が返ってくるんですよね?(まぁ、カルデラ湖からの土砂だけでの形成って言うわけでもないんですけど…)
阿蘇がカルデラ地形って言うのは中学とかの社会で知っている人は多いんですけど。
ちなみに阿蘇みたいにカルデラの中に安定した集落・鉄道があるのはかなり珍しい部類に入るんですよ?
ちなみに何が世界一の火口なのか分かりませんでしたが、テンションはあがりましたwww

近所では見られない風景
こんな風景家の近所じゃ見れませんからね。
そういや直射日光は痛かったですけど、山の上の風はかなり冷たくて気持ちよかったです。

また来たいうぃん
うぃんぐるみはかなり中岳の火口が気に入ったようで、最後まで「火口が凄かったうぃん!!!」と言ってました。
そういや、山の上でソフトクリームを食べようと計画していたのですが、触手が動かなかったので普通に道の駅阿蘇で食べました。
いやぁ、美味しかったっすよwww

また行きたいなぁ。

非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/1315-4f41c3eb