※途中でかなり愚痴ってる箇所があります、適当に斜め読みもしくはすっ飛ばして下さい。
 みっどわいふさんは最後付近まで一気に飛ばして見て下さいwww


3日目は呉観光です。
ホテルは呉駅徒歩5分弱の場所でしたので、大和ミュージアムはマジで近かったです。
ちなみに4日間でこの日の朝1時間程度雨に降られましたが、折りたたみすら持って行っていなかった名探偵はフード被ってやり過ごしてやったぜ☆
(と言っても実際に雨に打たれたのは3分程度/苦笑)
屋根付き連絡道は良いですなぁ。

呉のメインは大和ミュージアムとてつのくじら
ゆめタウン呉を突っ切るのが早いのですが、まだ開店前だったのでちょっと迂回して…
ちなみに目的地であるやまとミュージアムは左の茶色い建物。
と言うよりも奥の潜水艦に心奪われっぱなしな名探偵でした。
あの潜水艦とその奥の建物含めて海上自衛隊の施設「てつのくじら館」(入館料無料)。
この2館回ってテンション上がりましたよ~www

戦艦大和の設計図
戦艦大和の設計図の一部。
何が書かれているのか専門外の名探偵にはさっぱり分からなかったのですが、この設計図が格好良いと言うのは分かりましたwww
ってか、大和ミュージアム最大の収穫は大和云々よりも戦艦長門の半端無い格好良さを知ることが出来た事です(同期と一緒に何も知らずに「戦艦長門の生涯」と言う4分間映像を見て最期を知って「長門かっけー」と2人で言っていたらご年配の方々から不思議そうに見られてました)

1/10サイズ大和
大和ミュージアムは無駄に賛美している訳でもなく、だからといって卑屈的に展示していた訳でもなく、淡々と事実を展示しているのに好感を持ちました。
戦争系の展示施設って無駄に戦争賛美しているか、全面的に日本悪を出しているかの両極端な場所が多く(最近ではニュートラルな場所も増えましたけど)嫌いなんですよね。
見学して面白かったですし、色んな知識がまた増えて行って良かったです。
ミュージアムショップで「豆参謀の豆(大豆・空豆)」が売られていて同期と無駄に盛り上がったのは言うまでもありません。
2人揃って幕末~日露戦争付近までの「日本人が日本人として日本に誇りを持っており、そしてそれを守ろうとした時代」が大好きですからねぇ。

この後、軍港を研究している学生のために個別行動に移った巡検御一行様。
名探偵は同期と共にもう1度大和ミュージアムに入り(当日ならば半券で再入場可)見学…と言うよりもシアターではやぶさのミニ映画を見て2人揃って「はやぶさ可愛えぇぇぇぇ」と喜んだり、てつのくじら館に行ってマニアックに機雷の解説読んだり潜水艦見たりしてしっかり観光しました。
そして、昼はお金をケチってゆめタウンの惣菜売り場でお弁当を買ってホテルの部屋に戻って食べたりしました。
えぇ、ケチれる所はケチらないとダメですからね…orz

商店街に似つかわしくないアニメポスター発見
昼過ぎからは呉から東に電車で約1時間の竹原市に移動。
行く前から竹原と言う地名に心当たりがあったのですが、駅についてもさっぱり思い出せず…。
竹原市役所の方に案内されながら駅前商店街を歩いていたら…
…あ~、たまゆらのロケ地(?)
見た事はありませんが、タイトルとOPだけは知ってたねらーですからね(苦笑)

爺ちゃん、シュール
商店街を抜けて、市役所の人オススメの二重焼き(回転焼き)を頬張りながら道の駅たけはらの2Fで物産品を見ていたら…
休憩スペースにてたまゆら上映中。
近所の爺ちゃんが寛いでおりましたよwww

聖地巡礼と化した竹原巡検www
ただ、自分自身が全くたまゆらの中身を知らなかったので最初は普通に町並み保存地区の見学だったんですけどねぇ。
でも、何気に撮ったこの写真もアニメの中に出てきていたらしいwww
すげーなwww

渋い感じも良い感じ
昔の町並みとか普通に好物なので美味しく頂いていたのですが、こんな感じで軒下に鈴なんてぶら下がってたら誰でも写真撮るんじゃね?と思いつつ撮っていたら…
「なんでそんなもの撮ってるんですか?」と留学生に不思議がられた、残念。

純和風な町並みのちょっとした洋風エッセンス
純和風も大好きですし、洋風バリバリも大好きですし、和洋折衷も大好物ですwww
要は「良いものは良い」ですよwww
この時すでに16時過ぎてて日が沈もうとしておりました。

こういうのに弱いんです
昔の町並みに何が好きかと聞かれたら「狭い路地」と答える人間なのですが…
やっぱりこの町にもありましたよ。
それもこの場所も普通にアニメに出てきていたそうです。
階段の上はお寺でしたよ。

絵になる風景
先ほどの階段を上っている途中で後ろを振り返って階段下を撮ってみた。
どこを撮っても良い風景になりますなぁ。
でも、この町に住んでいると自分ちの管理費がバカ高くなりそうだ。

プチ清水の舞台
境内にはプチ清水の舞台があったりと結構楽しかったです。
同期に「ほら、清水の舞台から飛び降りてみろ」と言ったのですが、見事に断られました(苦笑)

不思議な町
駅から商店街を通って町並み保存地区まで歩いてきたのですが…、歩いていた時のイメージではそれほどでかい町では無い感じだったのですが高台から見下ろした竹原の町は想像以上に広く、そして家がひしめき合ってました。
ちなみにこの風景もアニメで出てきたそうな。

(ノ゚∀゚)ノイヤッホーイ
狭い路地好きな人間は基本的に通りを歩くとき路地がないかと横を見ながら歩くものです(苦笑)
そして、こんな風景を見ると居ても立ってもおられずに写真を撮る、と。
渋い…、渋くて格好良い。
窓枠が木とか格好良すぎる…。

ひっそりとした空気、嫌いじゃないです
この頃になると街灯が普通に灯り始めておりました。
この手の街灯、うちの近所にもあるので同じ田舎っぷりに親近感がわきましたよwww
でも、良い味出てますよね。

老舗っぽい酒蔵でもたまゆらの酒販売中
老舗らしい酒蔵の中でもたまゆらグッズ(ここではお酒/1本1500円)が売られておりました。
ちなみに食のチャレンジャーに高い日本酒をねだって買ってもらってホテルに帰ってから夜中の飲み会で飲みましたよ。
美味しかったです。
名前忘れましたけど、黒い箱入りでした。

生活の場なのにひっそりひそひそ
まぁ、土曜日の17時頃ってこんなもんですよね。
町並み保存地区を出るまで人とすれ違わなかったのも中々凄いとは思いましたけど。
市役所の人に話を聞いたら3~4割は空き家だそうで、やはり管理費・維持費が半端無いらしいです。
ちなみに町並み保存地区に入る頃にたまゆらの事をネットで知っていたと伝えたところ「だったら、たまゆらで出てきた所を回りましょう!!!」とやけにノリノリで、知らない間に聖地巡礼やってましたwww
帰宅して写真を見て驚く聖地巡礼www

日の丸寫眞舘
この写真館もたまゆらに出てくる場所らしいです。
…んが、そんなの無視してもかなり良い味だしていた建物でしたよ。
そういや大陸からの留学生からは「え…アニメの舞台ですか?」と若干引かれ気味でしたが、楽しめるものは楽しめをモットーに名探偵・同期・若手の先生と市役所の人の4人だけで無駄にテンション上げて写真撮りまくってみましたよ!!!!!
聖地巡礼も歴とした観光資源になるんだぞ!!!
お前ら観光研究するならその位知っておけ!!!
再来年の大河ドラマの影響で宮島の観光客が増えるって知っているならアニメの舞台で人が増えるのも不思議じゃねーだろうが!!!!!
ってか、明らかに市役所の人の前で不快そうな表情見せんな、バーロー!!!

竹原駅でも萌えグッズw
来たときには気づかなかった竹原駅キオスクで販売されていた…萌えグッズ?
えっと、竹原と言う地名的にかぐや姫で売り出しているらしいですよ。
シャッターの多かった商店街の中にこのポスターとたまゆら上映会のお知らせポスターとか並んで張られていたのを見ながら「この町はこっちに進もうとしているのかな?」と若干心配してしまいました。
長く続けられそうな…と言うよりもピンポイント攻撃は的が外れたときの被害が大きいので対象年齢が幅広い観光資源を作った方が良いのでは…とお節介ながらも市役所の人に伝えておきました。
「ですよね~www」って返事が返ってきたのできっと大丈夫でしょう。
ちなみに当たり前のように竹原→呉の電車の中で爆睡する連中を眺めながら「やっぱり呉で放置して降りたらダメだよね…」と自問自答していた名探偵でした。

呉に着いた後、晩御飯を屋台村に食べに行こうと言う事になり、ホテルのロビーに1時間後(19時30分)集合、それから出発になりました。
折角だったので呉駅ビル内を15分程ふらっと見学してからホテルに戻った名探偵、ロビーのウェルカムドリンクコーナーで同行者がいたので名探偵と同室の人間はホテルに戻ってきてるか聞いたところ帰ってきていると(この時18時50分)
ならいっか、とそのまま泊まっている部屋に向かい扉をノックするも返答無し。
コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン
返答無し。
あれ?
コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン
返答無…
がちゃ
廊下を挟んで反対側の扉が開きました…orz
この部屋も巡検同行者が泊まっている部屋だったのですが、どうやら自分たちの部屋がノックされていると思って扉を開けたそうです。
ので、同室者は一緒にこの階に来たかと聞くと、確かに部屋の中に入っていった、との返事。
携帯電話を取り出し呼び出してみるも何の反応も無し(18時56分)
電話にでんわ…。
廊下でただ突っ立っているのもあれだったので、ロビーに戻りフロントでカードキーが無いか確認。
確かに同室者に渡したらしい。
寝てるのかな?と思いロビーで椅子に座ってワンセグで飛び出せ科学君を見ながらオレンジジュースをがぶ飲み。
眠いなぁ~、疲れたなぁ~と思いながらテレビを見ていたら同室者から電話(19時24分)
同「もしもし?どうしたんですか?」
名「今、どこ?」
同「え?部屋ですけど?」
名「あぁ、なら良いや」(電話切る)
ここから眠かったので5分間狸寝入り開始(苦笑)
19時30分、肩を揺すられると同時に次の台詞が
同「どうして部屋に来なかったのですか?」
名「もしかして寝てた?」
同「いいえ、起きてましたよ」
名「……部屋の扉ノックしたんだけど」
同「聞こえなかったです」
名「………」
此レガ…、此ガ修行ト云フモノカ!!!
ちなみに廊下を挟んだ部屋の子達もその会話を聞いていて「あのノックに気づかなかったのは変ですよ。絶対嘘ですよ」と言って慰めて(?)くれました。
ちなみに同室者も廊下挟んだ部屋の子達も留学生です。

さて、巡検最終日の4日目。
この日もレンタカー移動だったために同期班・名探偵班の2手に分かれて移動開始です。
ちなみに同期はレンタカー屋が広島市内だったので朝6時30分にホテルを出発してました(運転手1名のみ車を取りに電車移動、残りの同期班員はホテルで朝ご飯を食べながら待機)
名探偵班は呉駅から1駅隣の安芸阿賀まで車を借りに移動してそこから一路東の下蒲刈島へ。
途中有料橋を通ったのですが…
橋の上が50km/h規制が引かれており、後続車(多分地元民)がいたので55km/hで走っていたのですが、助手席・後部座席のメンバは全員デジカメ取り出し撮影会開始です。
流石に運転しながらはダメだよな~と55km/hで走っていたら「もっとスピード落として走ってくださいよ」と注文が(失笑)
えぇ、無視してやりましたけどね!!!

有明海位しか見ませんからねぇ
2手に分かれた為に到着時間に30分ばかり差が開いてしまったので海岸で無駄に遊んでました。
基本的に砂浜のある海と縁がない名探偵(有明海に砂浜無し)、無駄にテンション高かったのは言うまでもありませんwww

波ぃ~、砂浜ぁ~www
波ざっぷ~んと来る度にひゃっはーと喜んでました。
まぁ、3回位で飽きましたけど(苦笑)
突貫をカバンから取り出そうとしたのですが、「海に落ちたら立ち直れないうぃん」と涙目で訴えられたのでそれもそうかと写真撮影を諦めました。
やっぱりうぃんぐるみ連れて行くべきだったのか?

海ぃ~~~wwwww
ちょっとこの風景見ながら無我の境地開けそうでしたよ。
でも流石にキャッキャウフフするバカップルはいませんでした。

おぉ、緑のマンションが建つのですねwww
下蒲刈島の聞き取り調査(まぁ、自分は遺跡見学・塩工場見学・薬膳料理堪能してただけですが)を終え、また2手に分かれて今度は広島駅を目指します。
でも、その前に安芸阿賀で車を返却。店の前に中央分離帯があるために1つ手前から曲がって住宅地の中を通ったのですが、まぁ、普通に狭い道で離合?何それ美味しいの?的な道を通ったのですが…
同行者全員に何故か「運転が上手い」と絶賛されました。
まぁ、株が上がったみたいだから良いや。
んで、安芸阿賀駅のコンコースから見た所に今から出来るであろうよく知った単語のマンション看板を見つけたので撮ってみた。
きっと緑色のマンションなんですよwww

イコちゃん携帯充電器
さて、ここからはみっどわいふさん専用世界ですな(苦笑)
広島駅に到着した名探偵班、当たり前のように団体行動→個人行動を提案、そして実行www
安芸阿賀からの電車を降りた時点で1人分かれた名探偵、まずは駅構内の売店巡りですよ。
え?
イコちゃんグッズ買いまくり(ただし予算あり)の旅の開始です。
最初の売店ではこの携帯充電器(au、softbank・docomo)と絆創膏を発見。
充電器980円もするのに使う用途が思い浮かばなかったので絆創膏だけを購入。

まぁ、こんなん見つけたら撮らんといかんやろ
次の売店は~と思いながら駅構内を歩いていたら…
こんなポスターを発見してしまいました。
これを撮らないと…、これは撮らないと…と思って激写。
えぇ、駅員さんが隣にいましたが気にしないwww

駅前にもくまったくまー
この後、在来線の売店を回ったのですが、他にめぼしいものが無かったので一旦外に出てみた。
………あ、広島のくまーだ。と思って1枚ぱしり。

ホットコーナーでぐで~ん
集合時間までまだ1時間30分もあったので40分ばかりマックで珈琲すすってました。
日曜なのにカウンター席の両隣がJKでちょっとラッキーとか思ったりなんかしちゃったりしてwww
と今度は駅ビル内の売店巡り。
母者からの「もみじ饅頭を2箱買ってこい」との厳命を守るべく、もみじ饅頭を購入して売店にふら…って、巨大イコちゃん発見!!!!!
なんだ、これは?と思いながら写真を撮っていた不審者ですwww
どうやら抱き枕?っぽかったです。値段は1イコちゃん5000円。
その手前のイコちゃんの腹の中にブランケット収納されているらしく、こちらは1イコちゃん2000円位(だったと思う)

下ではみっしりw
同じ売店の違う場所ではこんな感じでイコちゃんがみっしりwww
合格はちまき巻いたイコちゃんぬいぐるみ(1800円)はきっとこの時期限定なんでしょうね。
そして、その下の丸っこい足乗せイコちゃん(2000円)も中々でした。

ハンモックでぐで~ん
そして、新幹線口で集合したら時間通りに人が来ず…、集合場所を改札入ってエスカレータの下に変更。
さて、ここでもイコちゃ……………
ハンモックですっげー寛いでいるイコちゃんを見てこの4日間の疲れが一気に吹き飛び、逆に脱力感に襲われたのは言うまでもありません(苦笑)

ある種凄い圧迫感
ハンモックの下にもこんな感じでイコちゃんがぞわぞわ。
今回の広島で見た中でNo.1でイコちゃんの扱いが素晴らしかったお店です。
みっどわいふさん、広島駅新幹線乗り場の売店、要チェックですよwww

隅っこに一部紫色が…
そして、同じ店の端っこで紫色のコーナーを発見。
ここ以外では赤いコーナーはあったのですが、紫グッズは見かけなかったのです。

唯一見た熊さんグッズ売り場ですた。
なので無駄に写真撮ってみた。
宮島SAの方がグッズ充実してたなぁ~とか思ってしまいましたが、まぁ、こんなもんですよね。

ってことで、長い長い3泊4日の精神修行と言う名の地理学巡検レポ終了。
いや、実は博多→久留米までの間でも色々事件があったのですが、まぁ、スキルアップした名探偵には些細な事でしたよ(失笑)

web拍手コメント(要反転)
>>タロウさん
本当に疲れました…orz
秘密結社員が増えたのは嬉しいですが、下手な事すると夜中に首締められちゃうんですよ(苦笑)
毛利のおっちゃん言っていたように穴子まん食べた同期曰く「うんまい!」らしいですよ。


非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/1446-a3dab5d6