今日の昼にサガンドリームスの事務所に行ってきました。
そして、うぃんうぃんへの治療費を微々たる額ではありますが渡してきました。
受理はされませんでしたが、預かって貰えましたよ。
そして、少し話をしてきました。
驚いた事に中の人がこのblogを読んでいたと。
リークがあったのか知りませんが、まぁ、読んで貰えて良かったと思います。
他の記事と違ってSilent Deathの拍手数が弊blogではありえない位の異常なまでの数になっていることと、その記事に対してのコメントを読んで貰えればマスコットが如何に関心を持たれているか、大事に思われているかを訴えるまでもなく理解して貰えると思います。

さて、ウィントス君に対しての話。
結果としては「前向きに検討。具体的な計画はないが大まかにはある」とのこと。
どうやら見殺しは避けられるようです。
でも、まだ何も決まっていないし、何も動き出していないのです。

さらに聞いた話によると、サガンドリームスの中で募金話が出たときに「最初からサポーターさん達に頼らずにまずは内部で予算を付けてどうにかしよう」となったらしく、現状では募金は考えていないとの事。
どうやらフロントは自分たちだけでどうにかしようとしているみたいです。
これは良い事だとは思うのですが、何か違うと思います。
フロントがまずウィントス君のケガに対してどうにかしようとするのは当たり前だと思いますが、それとウィントス治療募金までは行かずとも…サポに対して何も求めないと言うのは明らかに線引きしていると感じました。
「一緒にウィントスを支えてくれ」の精神皆無ですね(苦笑)
きっとサポへの対応も大変だとは思うんです、人数少ないですし。
善意の押しつけではありませんが、ウィントス治療募金をすれば募金をしてくれた人たちは「自分の募金でウィントスが綺麗になった」と今まで以上に愛情を注いでくれたり、意識をしてくれるかもしれない。
決してマイナスなだけでは無いと思うんですけどね。
募金でいくら集まるか分からないから最初からしない、ではなく予算を先に立てて治療してから結果として集まった募金を治療費分から差し引いて経理上募金をすべて治療費に費やす事にすれば良いんじゃないか、と経営が全く分からない名探偵は思ってしまったりするのですが、無理なんですかね?

あぁ、あと例えウィントスの治療が決定して予算が付いたとしても今のところはオフィシャルHP等での告知などは一切する予定は無いとのこと。
どうやって一般サポは知れば良いんだ…orz
わざわざドリムスの事務所に行って聞けと?
もしかして募金したらわざわざリリースしないと行けないから面倒くさくて募金断ってるわけじゃないよね?

ドリムスは「前向きに検討」と言ってくれましたが、基本的に何も決まっていない事柄に対して素直に「そうか、だったらうぃんうぃんもう大丈夫だね」なんて楽観的な考えは持てません。
捻くれてますからね、えぇ。

ですので、皆様にもう1度お願いします。
ドリムスの事務所やショップに寄られる事があれば10円でも20円でも良いので何か袋に入れて(でないと何のお金か分からずに拾得物扱いされる可能性アリ)社員さんに「ウィントス君の治療のお金です、ケガを治してやって下さい」と言って渡して下さい。
フロントにサポもウィントス君を支える気持ちは同じようにあるんだと知ってもらいたいんです。
そして、ある程度お金が集まれば「前向きに検討」から「具体的予算が決定」、さらに「治療日程決定」で「治療完了、うぃんうぃん元気」が実現できると思います。

遠方で心配して下さっている数多くのマスコット好きの皆様、まずは鳥栖サポが現地で頑張ります。
もし全国区で何か募金などの支援のご協力をお願いする事があれば是非その時に力を貸して下さい。
マスコット好きな皆様が大勢いると言う事だけで、ウィントス共々鳥栖のマスコット好き達も勇気づけられております。
本当にありがとうございます。

文章だけのエントリーになってしまいましたが、一応現状報告です。
非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/1472-f44a1376