2日から風邪っぴきで正月は基本自宅引きこもりで過ごしていた名探偵とっとです、こんにちうぃん。
元日は山登り・初詣・母方の実家への年始巡り・ニューイヤー駅伝からの天皇杯
2日・3日は部屋でぬくぬく+箱根駅伝、そしてゴール後のジョジョ立ちに苦笑
4日は仕事
5日………昨日の事なのに記憶が無い(失笑)
あぁ、金沢への旅費計算のためにビジネスパックのカタログをもらってきましたw
下手したら新潟行くより金かかりそうですね。

帰路は明るいから良いんですよ
今年はコンデジを持って行っていたので写真撮りながら山登りしてました。
高良山の石段写真。
ここは比較的綺麗に石段がある場所ですね。
場所によっては石段じゃなくて斜面に食い入っている岩肌を登ったりするのですよ(苦笑)
ちなみに写真を撮ったのは帰り道、9時頃ですかね。
往路は6時頃で足下悪いくせにまともに電灯が無く野生の勘で足下の段差を登るのですよwww
年末に雨、さらに年越しにかけて1cm以下の積雪があったために岩肌が滑るwww
挙げ句の果てに古い参道の石段なので補強されている部分もあれば、フェイントで動く石段もあったりと年始早々「転けたら死ぬかも」的なスリルを味わいながらの初詣ですよwww
もちろん山頂にある高良大社への車道も完備されていますし、麓から西鉄バスも走ってますけど、何故か毎年毎年恐怖の石段登りをするんですよね~。
あぁ、こんな事書いてますけど、普通にちっちゃい子からお年寄りまで上れる階段ですよ、一応。
でも今年は積雪があったせいか、初詣客は若者(中高大学生)が多かったですね。
日が上がってからは老年層やら子供連れが増えてきましたけど。

神社写真を撮り損ねましたが、大社からさらに山を登ります。
ここからは車道を移動しますよ。
元旦は曇っていたので初日の出は最初から望めないと分かりつつも森林公園まで移動。
毎年色んな場所にその時のノリで移動するのですが、今年は毘沙門嶽城跡(高良山は戦国以前からの山城跡が点在してます。古代の神籠石と豊臣秀吉が陣を張った吉見嶽が有名ですけど)。
何気に夏目漱石の歌碑があったりしましたよ。

筑後平野
毘沙門嶽城跡から見た筑後平野。
肉眼ではベアスタ判別可能でしたよwww
久留米と鳥栖は近いのです。

雲海が広がってた
東の方を見ていると雲海が広がっていましたよ。
まぁ、見事に初日の出は望めませんね。
雲海を見ながら「あぁ、金波宮とか玄英宮とか?」と言ったら何故か爆笑されました。
似たり寄ったりのメンバですからね(苦笑)

そりゃお金ですよね~www
そうそう、毎年写真に撮らねばと思っていてずっと撮り損ねていた写真。
経年により色あせてるんですけどね、これ。
天秤の上に左側は心を表すハートが、右側にはお金を表す札束が描かれ、「どっちが重い?」と聞かれてる絵です。
通常ならば平行にして描くところなのですが…
心<お金なんですよ。
その気持ち、良く分かりますwww

非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/2158-5b55b15e