2017年新体制発表会にも無事に当選して参加できる名探偵とっとです、こんにちうぃん。
年始に決行した長谷津聖地巡礼記事を終えて心身ともに身軽になって明日鳥栖に向かおうと企んでおりますので、今日中に聖地巡礼記事終わらせますよ。
最低でも2記事、場合によっては3記事に分かれますかね。

ってことで、前回の続き。

地下通路
さて、お昼に予約をしているお店に向かうべく唐津城を後にしてまずはてくてく移動です。
車は唐津駅前のコインパークに放置していたので徒歩ですよ。
大丈夫、駅→城はへらへら笑いながら歩いても約15分程度で到着します(迷子になったら知りませんw)
城から城下の有料駐車場へ行くための地下通路(地上は横断歩道のない車道なのでここを必ず通ります)を通って行きますよ。
地下通路ってだけでも大好物ですw
結構狭い歩行者と自転車専用通路で、左右には唐津くんちの曳山が陶器パネルで紹介されております。

唐津くんち押し
唐津の至る所で曳山関係の何かしらがありましたね。
地方都市でもこうやって対外に「これ、凄いんだぜ!」と言えるものがあるのも好きですし、地元の人も「唐津くんちあるけんね!」と胸を張って言えているものがあるってのが素敵なんですよ。
歴史的に積み重ねられたものも良いですし、今から育っていく文化も素敵です。

こ、これは…!!!
で、駐車場抜けて街中をてきてく駅方面へ戻ります。
行きと違う道を通っていて法務局の前を通過していたとき…
こ、これは!!!!!
一瞬、1番奥の人誰?となったのは秘密ですw

成る程、「ごふく」ね。
お昼を予約していた中町にある「キャラバン」と言うお店だったのですが、到着したのが11時30分前だったので店前で待っているのもあれでしたのでそのまま周辺散策です。
京町商店街と平行して西側で南北に走る呉服町商店街(共にアーケード無し)をふらふらしていたらやけに「五福」的な表現が多く、最初は?となっていたのですが、自分が歩いている場所が呉服町だと気がついて納得。
商店街の中には謎の福助がいたりして中々面白かったですよw

松おし
とりあえず頭上も足下も見ながら歩く癖がありますので、行くところ行くところでマンホールに引っかかるのです(キリッ
唐津と言えば虹ノ松原ですもんね。

渋いのにユーリw
呉服町商店街から直行する京町商店街を抜けます。
前エントリーで唐津駅から徒歩数分の場所にあるユリオが迷って歩いていた商店街です。
呉服町→京町→中町商店街がU字型で商店街を形成している感じだとイメージ湧きやすいですかね。
で、京町商店街の中にあった見た目も中々レトロで素敵な薬局屋さん(山内薬局)の硝子戸にもユーリのポスター付きですよ。
そして京町商店街のBGMはOP・ED・エロス・アガペーなので不思議な空間ですよ(褒め言葉)
ちなみにこのエントリー書いてる時のBGMも同じ4曲永遠リピートでやってますw

心ゆさぶられる逸品
上記の山内薬局さんと並んで京町商店街に店を構える川島豆腐店
ここの店構えもそりゃ~もう町家造りで素敵ですよ。
格子がね、こう、ぐっと抉ってきますよw
そして、その格子に貼り付けられていた1枚の絵。
ちょっとどころかグラグラしましたw

発祥のお店らしいですよ
この川島豆腐店さん、ざる豆腐発祥のお店らしいです。
豆腐料理屋さんもしていますので、お腹に余裕のある方は是非どうぞ。

冷たいのも暖かいのも
お腹に余裕の無い人でも店先で豆腐販売されていたり、豆乳販売されていますのでご気軽にどうぞ。
ちなみに豆乳は温かいものと冷たいものの両方がありますので、季節関係なく楽しめますよ。
ただし容器が陶器のカップなので100円豆乳は店頭での飲むことになります。
あ、持ち帰り用の豆乳も販売されてました。

いや、だって、蕪がw
そろそろ開店時間だな~と思い、京町商店街から中町商店街へ抜けてキャラバンを目指します。
商店街を通りながらふと店名を見て…、おぅ…となり1枚撮ってみた。
だって蕪じゃん。

レトロ可愛い
ピーカブーのお向かいさんにあるレトロ可愛い感じのcafeなんかもありましたよ。
多分、ここら辺の商店街回るだけでもかなり楽しいんだろうな~とてくてくします。
商店街ってどこも同じように見えますが、ラインナップなんかを見ていると地域性豊かで結構面白いんですよ。

キャラバン!
11:30過ぎに無事開店。
開店時にはお客さんが8人ほどお店の前でたむろってましたw
後で知ったのですが、このキャラバンさん、ミシュラン一つ星持ってる凄いお店だったんですね。
おそろしかーw
ですが、お店の前の窓にはしっかりユーリ!!!onICEのポスターですよ!

目の前これだもんな~w
予約を入れていたので優先的にカウンターに通してもらえました。
…目の前の酒瓶がすでにあれですよ。
左からピチット(タイ)、ユリオ(ロシア)、勇利(佐賀)、ヴィクトル(ロシア)、JJ(カナダ)、魔界への誘い(佐賀)ですね。
国際色高い酒瓶達ですねw

無駄におされ空間
カウンターの奥のおされ棚に色紙やらBDやらCDやら東京タワーやらスカイツリーやら通天閣やらEDの例のシャワー写真やらが謎配列されておりますw
すでにこの時点でこの店、ミシュラン1つ星とは違ったベクトルで凄いぞ。

ペアリングwwwwwww
劇中でお守りとして主人公・勇利が買ったペアリング…を複製再現した1品。
店主の先輩の彫金師さん(もちろん唐津出身)が原案者の久保ミツロウ先生にお礼がしたいと言うことで製作され、先日久保先生に贈呈されたものと同じ品だそうです。
リングの内側にはとある言葉が彫られておりました。
格好良いっすわ。
そして、眩しかったw

最早何屋さんか分からないwww
後ろのおされ棚から久保先生直筆の色紙やら試作品リングやらをカウンターに出してくださったので隣に座っていた大分から来た同じ聖地巡礼者のお嬢さん達と一緒に写真撮りまくってましたよw
見知らぬ者同士ですが、共通の話題があればすぐにうち解けられるってのはどこの世界でも同じですね。
ベアスタではマスコットとサガン鳥栖、アウェイではマスコットとサッカーやJリーグと同じ感覚で、長谷津(唐津)では今ならユーリ!!!onICEって感じです。

良い変態ですわwww
この時点ではまだそれほどこの色紙の内容を深く理解していなかったのですが…
後々、ユリオと勇利の台詞、まんまやん(真顔)となりました。

本当、良い変態だなw
お客さんが巡礼者だと分かるとランチョンマットonランチョンマットでこれが出てきます。
………本当、良い変態だな(褒め言葉)
ちなみに魔界への誘いグラスの中身はただの美味しいお水です。
車じゃなければ飲んだのに…(誰か運転手してくれ!!!!!!)

本当にこの台詞そのまんま言いたいですわ
ほら、この色紙の台詞、そのまま素直に口から出てきそうになるでしょ?w
お話を色々うかがって本当に地元唐津の事を愛していて、如何にこの街を良くするかを考えている格好いいプロフェッショナルなのに良いヘンタイでしたよ。
うん、いや、本当に良いヘンタイですわ(しみじみ)

マッカチンさん可愛い
いとうさんの色紙もあって見せていただきました。
マッカチンさん、可愛いっす。
そして、後ろに見えるJJにじわるw

高級肉
あぁ、そうそう、ここミシュラン1つ星のとても美味しいお肉屋さん。
佐賀牛、ガチで半端無かったですよ。
もうね、語彙力足りないレベルで凄かったです。
そして、冷蔵庫から取り出して焼くまでに少しお肉を柔らかくするのですが、その柔らかさの例えがね…、えっと、あれですよ、女性の二の腕のぷにぷにと同じさわり心地のあれの柔らかさ(実際に店主言ってたからねw)
うん、本当に柔らかかったですよ。

超高級肉様!!!!!
超高級お肉様。
手を出せるレベルではありませんでしたが、わざわざ見せていただけたので写真撮って拝んでおきました。

ハンバーグ、フクースナ!!!
ちなみにハンバーグは1日限定10食メニュー。
頼みました。
そして、もうね、フクースナーでしたよ。
ソースなんかかけずに1口サイズにお箸で切り分けたハンバーグに1粒岩塩乗せて食べるだけで…凄かった(真顔)

絵描きさん達は羨ましい
お客さんも多くなったのでカウンターからTVモニターが設置されてある個室に移動して珈琲いただきました。
で、カウンターの隣になった別府のお嬢さん方とユーリ話で無駄に盛り上がりながら喋ってましたよ。
店内には長谷津と唐津をつなぐ会のノート(巡礼者が好きに書き込んでいくもの。主にイラスト)があり、別府のお嬢さんもヴィクトルと勇利描いていっておりました。
絵心ある人は羨ましいですね。
でも、見ているだけでみんな長谷津(唐津)に来れて幸せって感じが伝わってきて無性に嬉しかったです。

このはちまきはくんち仕様ですね
そろそろ移動するかとお店を出る際に違う巡礼者さん用のランチョンマットがマッカチンさんだったので写真を撮らせていただきました。
このはちまきはくんちのはちまきですよね。
可愛いっすわ。

会計を済ませて、有志が作成された聖地巡礼本を入手し、公式伝道師に正式なJJポーズを伝授してもらいました。
そして、この後諸事情でもう1度先ほど行った唐津城に向かいます。
たまに実感するのですが、自分の職業って世の中の人達から無条件とまではいきませんが、結構信頼度の高いものなんだな~と思いながらもてくてく唐津城へGO。

③へ続く。

非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/2848-fb832968