上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
刀剣乱舞始めてあと10日で就任1年が経つ名探偵とっとです、こんばんうぃん。
ストーリー性がほぼほぼ無い作業ゲーやらクリックゲーやら言われているゲームですが、単純作業大好き人間なので別段苦ではないので淡々とレベリングしてます(苦笑)
ゲームを始める前にさいスタ遠征帰りの東京国立博物館で偶然見た三日月宗近が衝撃的でした。
打除けが光の当たり具合で無数の三日月が無数に浮かび上がって本当に綺麗でした。
鍛冶師の三条宗近は知っていましたし、三日月宗近という刀の名前も知っていた人間でしたが、実物を見たのはそれが初めてで展示期間なんかもさっぱり知らずに行って偶然ですよ。良いもの見ました。
と言っても個人的に1番好きな刀は刀剣乱舞に実装されていない日光一文字なんですけどね(苦笑)
福岡市博物館に所蔵されていて毎年正月に出てきますんで、お時間ある方は是非どうぞw

まぁ、他にも艦これ(艦隊これくしょん)だったりグラブルだったりやってるんですけどね。

という関係のない話をした上で昨日までの続きです。
北信越リーグ最終戦、後半戦。

後半開始の円陣(解散直後)
気がつけばハーフタイムが終わり、選手達がピッチ上に戻ってきておりました。
HTでの交代も無いようで一安心。
ちなみに円陣解散後ですね。

サッカーっぽい?
後半も攻めたり攻め込まれたり。
目の前でも良い感じの攻防戦見れました。
あとちょっとサッカーっぽい写真じゃないですか、これ。

山田ドリブル
#10山田選手…ですよね、多分。
言ってるじゃないですか、純也見学が主たる目的ですが、普通にサウルコス福井の試合は面白かったって。

石塚シュート
#14石塚選手はJSC在籍中から知っているので顔と名前が一致する選手です。
良いシュートも打ってましたよ(入りませんでしたけど)
そういやバクスタホームゴル裏寄りって線審が被るので写真撮る場所には不向きってのを忘れていて試合始まって思い出したのですが、その時すでにバクスタ結構な人で移動できなかったんですよね。
えぇ、線審主体の写真の割合高かったです(苦笑)

知ってる子
ポジション的に後半の被写体被害者は石塚君ですねw
とりあえず目の前で動くものは撮る的な勢いなのでしょうがない(しょうがない)

まさかの一発レッド
相手選手の決定機阻止ということでまさかの一発レッド。
イエロー+FKでも問題ないジャッジだったんじゃないのか?と未だに思うのですが、前半の純也イエロージャッジを思い出すとその点ではブレてなかったな、と。
このジャッジに関して試合終了後に話を聞いたら「…マジか」となりましたよ。
いや~、ベアスタでは笛吹いて欲しくないです。

まぁ…、そうなりますよね
で、DFが1枚減ったんですから中盤~前目の選手が交代するのが普通ですよね…
えぇ、分かってました、分かってましたとも…orz
ただ松尾君も一緒に交代とは思いませんでしたけどね。

FKの時の三女神
久しぶりに見ましたよ、ボッティチェリの春の三美神w
JFL時代のV・長崎でも似たような風景を写真に撮った覚えがあるので妙に懐かしかったですwww

シュートは枠の横
1人減った状態での試合でしたが、それでも普通に決定機が来るってのもやっぱり面白いですね。
正直8点差かそこらで負けない限り福井のHFL優勝は確定している試合でしたので引き分け上等で行くのかと思っていました。
シュートは枠の横に飛んでいきましたが惜しかったですよ。
すげー盛り上がってました。

試合終了
結局0-0でタイムアップ。
福井の2018シーズンHFL優勝が確定した瞬間です。
考えたら去年は最終節前に優勝決まってましたからね。

みんなで踊るよ
メインスタンドで優勝旗授与やらイベントがあってましたが…、まぁ、如何せん見れないですわな(苦笑)
そして、それが終わってサウタンもゴル裏へ移動してみんなで勝ちロコ。
おめでとうございます。

やはり福田かwww
ゴル裏では選手関係者とサポさん一同で記念撮影ですよ。
こういうのは他サポは入ってはいけないと自分で思っているのでバクスタからニヤニヤしながら見学ですよ。
…やると思ったよ、福田君w

普通。
みんな楽しいそうで良いなと思いながら見学してました。
チームとしての目標はHFL優勝ではなくJFL昇格でしょうから途中経過でしょうが、それでも優勝って良いものですよ。
優勝とか北九州市長杯くらいしか知りませんからね(苦笑)

ということで試合写真終了。
自分としては更新、頑張った。

非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/2908-b99781b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。