今日も今日とて無駄に更新してみますよ。
あ、コメでひこにゃんところの情報くださった方、ありがとうございます。
とっとちゃんスレでレスを見た後にタイムリーな感じでコメを寄せていただいていたので、「こやつ、ナカーマか?」と思ってしまいましたよ。
多分、とっとちゃんスレとかベアスタですれ違ったことのある人なのかも知れませんねwww
そして、とっとちゃんは彦根に行ってくれるのでしょうか?
お返事が明日締切りになっていたので、鳥栖市に催促メールもできやしねー……orz
遠征費が足りないとか言うのならよろこんでカンパするのに…(´・ω・`)

愛されるマスコット
さて、本日のタイトルについて。(※熱く何かを語っております。意味の薄いような文章になっておりますので、飛ばしていただいて結構ですよ)

使用写真:2008年5月31日

今日、仕事場の人から(先日の福岡戦に来てくださった貴重な方なのですが)、
「福岡のマスコットって結構薄汚れてたよね。ウィントス君は綺麗だったのにね」
と言われました。
名探偵そっこうで「愛情の違いですよ」と答えた後にちょっと真面目に考えてお返事しました。
要は「完全に商業用だけとして利用しているかどうか」(しかし、マスコットと言うものは本来、チームのアピールやグッズ貢献が主な役割なので商業目的として誕生しているのでこれはしょうがない部分もありますが)の違いなのではないだろうか、と。
余り他チームのマスコットと生でふれ合ったことがないのであまり大きな事は言えないのですが、好感がもてるマスコットというのはフロントをはじめとする色んな人達に愛されているのではないかと思っております。
パルちゃんしかり、師匠しかり、フロン太くんしかり、オーレくんしかり。
他にもフロント・サポーターから愛されているマスコットは大勢いるとは思うのですが、彼らはすべて商業用だけに動いているのではなく、なんというか…マスコットの魅力をど~んとアピールできる機会を持っている(与えて貰っている)ような感じです。
何て言うかの、フロント側から決められたタイムスケジュールをただ黙々と消化するのではなく、そのマスコットの持ち味を最大限に引き出すためにフロント側からだけでなくマスコット側からもアピールしていると言った感じですね。
考えて実行するのは大変だと思いますよ。
色々障害ありそうですもん。
でも、そんな面倒な事をするからこそ、そのマスコットがより一層輝くんでしょうね。

ってことで、何が言いたかったかというと、「うぃんうぃんもとっとちゃんも愛されてるんだよwww」ってことです。
(だって、九州ダービー仕様のマスコットは今のところうぃんうぃんだけなんですよ?アビーもロアッソくんもノーマルだしさ…orz)
何、当たり前なことをほざいてるんだ。とお思いかも知れませんけど。
グレードアップうぃんうぃんとか、とっとちゃんとか、結構実行するのは大変だと思うのです。
今日は職場での何気ない一言からそんなことをしみじみと考えた1日でした。

うわっ、超語ってるよ。それもわけ分かんないしwwwwww
サーセンwwwww
非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/323-6980db10