ハーフタイム、プレBで対面を果たしたうぃんうぃんと唐ワンくん。
凄い勢いでうぃんうぃんに抱きついた後のお話です。

ささ、早く行きましょうでありましょうぞ
熱烈歓迎を身体全体で示したと思ったら即行でうぃんうぃんから離れ、さささっと動き出した唐ワンくん。
唐「ささっ、ウィントス殿、とっとちゃん殿。皆様がお待ちでありますよ、行きますであります」
う「唐ワンくんは元気だうぃんねぇ」
と「やる気がみえるぉ…、めんどうだぉ……」
唐「何をしていらっしゃいますでありますか、ささっ、参りますでありますよ」

腕をぶんぶんしながら颯爽とうぃんうぃんととっとちゃんを引率し始める唐ワンくん。
その動き、想像してなかったのでビックリでした。
こう……、もっとまったりしてるものとばかり思ってましたので。

ぽふっ
う「ボクの可愛い姿もみんなに見せるうぃん」(ぽふっ)
と「うぃんとす君も元気だぉ…、冷やし柏餅…、冷やし博多ぽてっと君…」
唐「………!!!!!」

なんですか、相撲をとるでありますですか?
唐「なんでありますか。相撲をとるでありますか?」(希望に満ちた眼差し)
う「うぃ…、うぃんうぃん。ボクもよくここ(プレB)で色々やれって言われるけど、流石にピッチ上で相撲はとらないうぃんよ」
唐「……え~」
と「今日も暑いぉ。さっき食べた冷やし柏餅パワーが切れそうだぉ。…あ、お客さんが手を振ってるぉ」(羽ぱたぱた」

みなさん、何だか大変そうです。

うぃん
唐「すもう…とらないでありますか(´・ω・`)」
う「…うぃん(´・ω・`)…………そうだうぃん!」
と「れいぞーこに残ってた冷やし柏餅の数は……」

うぃんうぃうぃんうぃうぃうぃんうぃんうぃんうぃん
う「うぃんうぃんうぃんうぃん」(ぽふぽふぽふぽふ)
唐「おぉ、ウィントス殿は踊りも踊れるのでありますですか。素晴らしいでありますです」(羨望の眼差し)
と「たしかじゅうななこは残ってたはずだぉ。とっとでひとりじめするぉ」

うぃんうぃん、その場で1周ターンを披露してましたよ。

わたくしめが唐ワンでありますです
唐「我が輩が唐津を代表する唐ワンでありますですよ」(びしつ)
う「おぉ、唐ワンくん凄いうぃん」
と「今日も天気が良いぉ」

なんだかこの3匹を見ていたらだんだんと不安になってきました(苦笑)

わたくしめ伊達にオマージュではありませんですよ
唐「我が輩、唐津の唐ワンでありますですよ」(看板に向かってこそっと)
と「かりゃワンくんの頭のこれは食べれるぉ?」
う「さてと、時間が無くなってきたうぃん。唐ワンくんもとっとちゃんも行くうぃんよ」

うぃんうぃんがリーダーシップを働かせたかと思えば、唐ワンがとっとちゃんを激しくリードしながらアウェイサポさんの方向へガンガン歩いていったりしました。
フ…フリーダムだ、唐ワンくん(苦笑)

あ…………、もふもふうぃん
う「あ、もふもふだうぃん……」
しばらくもふもふ(別名うぃんうぃんホイホイ)をじぃ~~~っと見ていたうぃんうぃん。
今日はお客さん(唐ワンくん)も来ていた事だし、結局もふもふするのを我慢してフリーダムとっとちゃん&唐ワンくんの後を追うことにしました。
偉い子うぃんうぃん。

ボールが転がっているでありますですね
アウェイゴル裏へのご挨拶を終えた唐ワン一行www
颯爽と唐ワン、メインスタンド方面へご挨拶中です。
唐「おや?ボールが転がっているでありますですね」

わたくしめも働きでありますですよ!
唐「どこかの御仁が忘れて行かれたでありますですかな?」(ひょい)

どうするでありますですか…
唐「さて…、この拾い上げたボールをどうするでありますですかね?」
しばらく考え込んでいた唐ワンくん、この後あろうことにボールを上空向けてぽーんと投げました。
さっすが、フリーダムっぷりはぱないっすね。

非表示の場合はポチっと

TrackBackURL
→http://detectivetotto.blog105.fc2.com/tb.php/962-db95e85d